オカワカメ(雲南百薬)とは? 簡単な食べ方は? 

『この記事について』
この記事では、

・オカワカメ(雲南百薬)とは、どんな野菜か?
・オカワカメの葉、むかご、ツルの先端 の、
 おススメの簡単な食べ方

について、
実際に栽培し、食べた経験に基づいて
解説しています。
mokuji

1:オカワカメ(雲南百薬)とは?

オカワカメは、熱帯性のツル植物の一種で、
正式な和名は、アカザカズラといいます(下図)。

オカワカメ(雲南百薬)の栽培写真

また、別名で
雲南百薬(うんなんひゃくやく)とも呼ばれ、
栄養価が高い野菜の1つとして知られています。

夏の暑さに強く、丈夫な性質があり
初心者にとって育てやすい植物の1つです。

目次へ戻れるボタン

2:オカワカメ(雲南百薬)の葉の栄養成分

オカワカメの葉には、

・葉酸
・ビタミンA

・マグネシウムなどのミネラル

が豊富に含まれていることが
知られています。

目次へ戻れるボタン

3:オカワカメの主な食用部位

オカワカメ(雲南百薬)の食用部位の写真

①葉

メインとなる食用部位は葉です。

②つるの先端(10 cm~15 cmほどの柔らかい部分)
・短いツル(下写真)は全体が柔らかい

短いツルの写真

・長いツルは、ツルを指で引っ張ったときに
プチっと切れる部分の先が柔らかい(下動画)。

③むかご

”むかご”というのは、植物の芽の一種で、
芽が養分を蓄えて肥大化したものです。

ふつう、葉の付け根に見られます。
※下図:オカワカメの、むかごのついた葉(下図左)と
ついていない葉(下図右)

オカワカメのむかごの写真

やがて地面に落ち、根と茎葉が出て、
新しい植物体になります(下図:オカワカメ)。

根と茎葉が出たむかご

オカワカメのむかごは、
関東地方以西を基準にすると、
8月後半~9月頃から見られます。

目次へ戻れるボタン

4:おススメの食べ方

オカワカメの料理の写真

4-1. 生食には向かない

オカワカメの、どの部位も、

生のままでは、
舌にジワっと染み込むような強い苦み

があり、
生食には向きません。

4-2. 葉、つる:茹でてシャキシャキ、ネバネバ

【茹でる】
茹でた葉の写真 茹でたツルの写真
※写真(左上:茹でた葉 右上:山芋にのせた、茹でたツル)
・茹でた葉とツルの先端は、
 シャキシャキとした食感があります。

・やや青臭さがありますが、
ポン酢かけると臭みを感じなくなります。

調理方法:

①食材を洗います。
②沸騰したお湯にいれて、1分間茹でます。
③お湯から取り出し、ザルなどに入れて
流水で一気に冷やします。

目次へ戻れるボタン

4-3. むかご:茹でてネバネバ、炒めてホクホク

【茹でる】
ゆでたむかごの写真

・茹でたむかごは、かむと、
 納豆に近いネバネバ感があります。

調理方法:

①むかごを洗います。
②沸騰したお湯に入れて
7分~10分ゆでます。
※:爪楊枝がスッと
刺さるようになれば出来上がり。

【炒める】

炒めたむかご

・炒めたむかごは、ねばりがほとんど消えます。
・小さなジャガイモのような、ホクホク感があります。
・塩がよく合います。

調理方法:

①むかごを洗います。
②フライパンに油をひき、
油が温まったらむかごを入れ、
フライパンにフタして弱火で数分炒めます。
※:爪楊枝がスッと
刺さるようになれば出来上がり。

目次へ戻れるボタン