プレパラートとは?

1:これがプレパラートだ!

顕微鏡で観察したい材料がある時には、
プレパラートを作って観察します。

観察したい材料をスライドガラスの上にのせ、
その上にカバーガラスをかぶせたものを

プレパラート

といいます(下図)。
プレパラートの写真

 

え、何ガラス?どっちが上??ややこしいなぁ。

そんな、一見ややこしい
プレパラートを理解するには、

プレパラートを作る手順を
知るのが最短のルートです。

一般的な手順を簡単に説明しましょう。

下図は、スライドガラス(スライドグラスともいう)という
ガラス板の写真です。
スライドガラスの写真

まず、スライドガラスの中央に、
観察したい材料(※)をのせます。
※:下写真では植物の葉
スライドガラスの上に植物の葉をのせた写真

次に、観察材料の上に
水を1滴たらします。
スライドガラスの上に葉をおき、そこに水を一滴たらした写真

最後に、カバーガラス(※)という
薄いガラス板をのせて完成です。
※:観察材料にのせてカバーをするガラス
→ カバーガラスと覚えておきましょう。
カバーガラスの写真
         ↓
プレパラートの写真

 

このように、プレパラートは、

・カバーガラス
・観察材料
・スライドガラス

の3段重ねになっているのです。

プレパラートを使って、
光学顕微鏡で観察する場合、

光学顕微鏡のステージという板の上に、
プレパラートを置きます(下図)。

ステージ上においたプレパラートの写真
ステージの中央部の上には、
観察材料を拡大するレンズがあるので、

プレパラート内の観察材料が、
ちょうとステージの中央に来るように、

プレパラートを滑らせて(スライドさせて)
移動させてから観察します(下図)。
※:ステージ上をスライドするガラス
→ スライドガラスと覚えておきましょう。

ステージの中央にプレパラートを移動させた図

プレパラートを用いた顕微鏡の観察方法は、
記事「光学顕微鏡の使い方」で詳しく解説しています。